AKIKAN★BLOG **道端で拾い物したよ**

DQ10中心にゲームのお話・映画のお話・お出かけetc...ごったに月1更新ブログ(/・ω・)/

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィッシングサイト

DQ10の課金が切れて、プリペイドカード買い忘れたからどうしようかと思ったけど
そういえばブログの更新という手もあったのかと今気づいたので
ちょっとだけ更新

先日、武さんがDQ10の偽装メールについてブログで注意喚起をされておられましたが
最近はさらに巧妙なフィッシングサイト、が話題になっておりますので
垢ハックなんかの話も絡めて、簡単に。

DQプレイヤーに限ったことじゃなく
最近は大企業のHPも改ざんとかされたりしまくられているので
ネットしてる人は誰でも他人事ではない、のです。よね。
(かといってウイルス対策ソフトとか入れとけば問題ないってだけでもないのが難しい・・)

注意喚起も兼ねて記事にしてみようと思います。
知ってる人は当たり前みたいな感じの浅い内容ですが。。。

夏休みの時期に入って、大手検索エンジンで
DQ10のフィッシングサイトが発見されたよ!ってちょっとした話題になったやつ。

最初に話題になったのはYahoo検索
「DQ10」で検索すると
フィッシング
こんな結果になります。
一番上に出てくる「目覚めし冒険者の広場 rakuten.co.jp」がフィッシングサイトです。
2番目に表示されてるものが、公式のページになります。
検索連動型広告、の仕組み?を使ってこんなことができたようです。

さてお試しにクリックしてみました。
(ウイルスが仕込まれてたりするかもしれないので、あんまりクリックするのよくないかもですが・・・)
フィッシング2
公式そのまんまの画像・デザイン:(;゙゚'ω゚'):

でもよく見たらアドレスも違うし
サイトの内容もちょっと情報が古かったり、あれ?っていう点が多々…
でもこれ、初めて検索した人とか絶対ひっかかるよね…。
間違えてログインしちゃうと、ハッキングされてしまうみたいです。
おそろしや。。。

幸い、公式の告知もはやく、検索サイトからもすぐに消されたようですが
ついこの間は、今度はGoogleでもフィッシングサイトが発見されたようで
ちゃんとアドレスやホームページの内容を確認しないと怖いね、っていう話。

実際ログインまですすむとこんな感じになるらしいよ↓

NAVERまとめ ドラクエ10のフィッシング詐欺にわざとひっかかってみた

ちなみに垢ハックされたあとってどうなるんでしょう?
ツイッターやブログなどでの被害報告くらいの知識しかないのであれですが
ゴールドや装備をいっぱいもってるプレイヤーなんかは根こそぎどこかに奪われちゃうみたいです。
手続きを踏めば、なくなったアイテムなどデータの復旧も可能ですが
そこはデータ、になるので、どこまで戻ってくるかはわからないだけに
(バザーの出品物や自宅の家具やタンスの中身、郵便受けのものなんかは復旧されない可能性もあるみたい)
ハックされないようセキュリティトークンいれないといけません。

じゃ、アイテムやお金もってないライト層は関係ないや~って思いがちなんですが(っていうか思ってた)
そういうわけにもいかず。

「あれ?最近インしてなかった人がインしてるぞ?」
なんて思ったら「業者の一員としてキャラが使われていた」とかのケースもあるみたいです。
これが一番悲しいかも(´・ω・`)
キャラ作って放置してるフレンドさん、結構いてるので気になるところ・・・
スマフォだったら無料アプリでソフトウェアトークンがDLみたいだし
課金してない人もたまに、自分のデータ確認するか、使わないならちゃんとキャラデリしたほうが
良いのかもしれません(´д`)

アカハックに関しては被害者のブログが検索で結構ヒットするので
気になる人は見てみると良いかも。

で、話もどって、トークンは公式でもだいぶ宣伝されてるので
導入してる人は増えてるのだと思うのですが
普及されてきたからこそ、フィッシングサイト、が増えてきたのではという話もあるらしいです。

詳細については一難去ってまた一難 in ドラクエ10さんのブログ記事がわかりやすくて
なるほどなーって思った。。

とりあえずの出来ることとしては
・あやしいサイトを踏まない(URLや内容に注意する)
・トークン入れる
・パスワードを使い回さない
とか、なのかなー
あとはなんか、広場(ログイン)用とそれ以外のネットサーフィン用とでブラウザ使い分けたりとかするのも
意味あるのかしらん(´・ω・`)
他人事だと思わずに、注意しないといけないな~なんて気付かされた最近でした。
関連記事
スポンサーサイト

| *ひとりごと | 01:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このタイミングでウイルスソフトの期限切れ

連続コメントしますよ。
 
自分がブログで偽サイトの記事をあげてから、
検索ワード「DQ偽サイト」「DQ偽メール」などで訪問してくる方が多く、
ちょうど偽サイトが問題になったあたりは、ものすごい数でした。
 
検索エンジンのトップ、実は広告スペースでして、
あの枠を購入することができるんですね。
まあ未然に偽モノだと気付いた人も多いでしょうが、
それと判らずにひっかかってしまった人も多数居るのではないでしょうか。
 
そのうち公式のバナーやリンクテキストなどにも、
フィッシングが仕掛けられることもありうるので、
ユーザー同士で情報交換したり、自衛につとめることが大事ですね。
業者をいくら駆逐しても減ることはないのだから、
RMT利用者の方を徹底的に洗い出して、
見せしめ的に取り締まる方がいいと思うのですが、
現実社会のマネーロンダリングよろしく、
利用者の判別が難しいのが実状なんでしょうね。
 
おたがい気を付けましょう。
そうそう、自分のサイトも「偽サイト」で検索して来られる方が多いので、
その方達のために、この記事をリンクさせてもらいますね。

| 武 | 2013/09/03 23:17 | URL | ≫ EDIT

お返事遅くなってすみません

リンクどうぞどうぞ!

検索連動型広告ってのは記事内で紹介したブログさんにて説明されていたので、納得しました。
が公式にしかけることもできることはできるんですね。ほわー。
日本国内の問題だけだったらまだ対処はできるんだろーけど
海外絡んでくるのがネットのむずかしいところですね。
ドラクエに限らず気をつけねば。。。

| あきかん | 2013/10/02 03:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akikan67.blog99.fc2.com/tb.php/170-0a083078

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。